So-net無料ブログ作成

薮医者に遭遇。 [怒り]

久しぶりに心底怒りを覚えました。

木曜日に熱が出て会社を早退しました。
翌日会社に行くと、同じ症状だった女性社員が休むと言う。病院に行ったら、インフルエンザB型だと診断されたそう。
もしもの事を考慮して、僕も病院へ。
40分近く待たされて診察の時に、主治医に事情を話しインフルエンザの検査をお願いしました。
すると主治医が一言。
「PL配合顆粒を飲んだくらいで熱が下がるのはインフルエンザじゃないよ。」と、あっさりと否定。

薬をもらい、会社に戻ってその日は定時で帰りました。

問題は翌日。
土曜日の朝から、熱が出て昼先には38.9℃にまで羽上がり、病院に電話すると休診だった。

もらった薬を飲んでも全く改善せず、定時まで耐え何とか帰宅。

で今日、休日診療に行くと直ぐにインフルエンザの検査をしてくれて、長く時間をかけて診察してくれました。
検査結果はモチロンインフルエンザB型でした。

で、今は熱も下がり久しぶりの炬燵でまったり。
それにしても、最初に診察してくれた病院にもの申したくなってしまった。
あの薮医者、ハッキリインフルエンザじゃないと断言したけど、思い切りインフルエンザだったんだから。
前回も怪しい診察だったけど、近いから仕方なく行ったのです。

しかも薬代も入れて3000円も払ったのに、あの薮医者は責められないんだから。
今日診察してくれた主治医さんに聞くと、成功報酬ではないですしその時には症状が出ていなかったと言われたらそこまでですから。と、まぁなんともやり場のない怒りですよ。

さて、どうしたものか。



激怒しそうな出来事。 [怒り]

久々にキレそうになりました。
京王新線での出来事。

新宿3丁目で電車に乗り、新線新宿駅で区間急行橋本行きに乗り換えた時にそれは起きました。

乗り換え駅って事もあり、座席も空いていましたので、4人掛けの席の一番端に座る事が出来ました。
座って寝ようかなぁと思ったとき、ホームに設置してあるエレベーターの中から飛び出てくるおばさん集団が・・・。
何だろう、なんとなく嫌な気はしたのですよ。
電車に駆け込んでくる3人のオバサン達。
そのオバサン達が、僕の横の席を狙っていました。
まぁ、座る事に対してどうのこうの資格もないのですが、次の瞬間、衝撃が!!!!

1人のオバサンが勢いよく僕の前を通過するとき、オバサンの持っている傘が座っている僕の股の間にぶち当たったのです。
別に痛かったとか言うのではなく、透明のビニール傘が僕の股の間で開いたのですよ。
昨日は、かなりの土砂降りで、その傘もビショビショでした。
バサッという音と共に広がる傘の水滴が僕のレギンスパンツにベットリとつきました。
瞬間湯沸かし器のように一瞬で僕の頭の中が沸騰しました。でも、電車の中だし我慢しなきゃと思ったのも束の間、そのオバサンは僕の怒りのつぼをポチっと押したのです。

「あら、ごめんなさいね。大丈夫?」と言いながらクスクスと笑いました。
ここまでは本当に我慢ですよ。しかし次の一言
「外も雨だし、どっちみち・・・ねぇ・・・・」
謝るどころか、雨のせいにしたのです。しかも、この話の流れだと「どうせ、雨だしどっちみち濡れるでしょ?」と言いたいのも分かります。
そして、クスクスクスと3人で笑いました。

カッチーンと頭の中で音がなりました。
「こら、ババァ。何笑ってんだ?今から仕事なんだよ。濡れた服で行けねぇだろうが、今すぐクリーニング代を出せ」と落ち着いた口調で言いました。
すると、このオバサン「言いがかりは止してくれる」と逆ギレ。
「オバサン、これは東京都の定める迷惑防止条例になるんだよ。いいか、他人の身体もしくは物体に著しい損害を与えたときには軽犯罪になるんだよ。訴えればあんた負けるんだよ。」
「はぁ、傘で濡れたくらいで・・・・」と少し弱気に・・・
「あのね、これ以上酷いと威力業務妨害罪になるんだよ」
しかし、3人で顔を合わせて、そんな事あるわけないでしょうという顔をしている。
周りの冷たい視線が刺さるけど、どうしても許せなかったのですよ。
すると渋々頭を下げました「すみませんでした。」
「いいか、もう一度小学校にでも行って常識を学び直せ」

というと、僕はタオルで自分の服を拭き本を取り出しました。
そのオバサン達は、そそくさと隣の車両へと逃げるように去っていきました。

周りからどう思われようとどうしても許せなかったのですよ。
あの笑った瞬間。

まぁどうでもいい話なのですがね・・・・


本当に、今日は我慢しましたよ。 [怒り]

昨日の朝、バスに乗って自宅から現場に直行しました。
そのバスの中での話。

優先席に女性が3人座っていました。
僕は、その優先席の横で、降ドアのところに立っていました。

その3人が3人、スマフォを触っています。優先席ではご遠慮下さいなのに・・・。イラっとしましたが怒っても仕方がないと思い、無視しました。
そして、バスが発車し、次のバス停に停まりました。しかし、そこで信じられない風景が・・・。
おじいちゃんが1人乗車しました。
すると、この3人、携帯を触るのを止め、寝たふりを始めたのです。

カッチ~ン!と来たのですが、我慢しましたよ。
しかも、しかも、この3人、バスが駅に着くなり、誰よりも早く降りて行きました。

寝たふりをするって、一番ムカつきました。
その行動をとるって事は、優先席の必要性が判っているってことでしょ?
それで、寝たふりって!

いつもは朝6時代もしくは7時の一番早い時間のバスだから、この時間帯のバスには乗らないのですよ。
優先席に座るなとは言いません。僕だって座る時もありますから。

でも、優先席を必要としている人が乗って来たら対処しましょうよ。って大声で言いたいくらいでした。


で、そのバスを降りて、小田急線で下北沢駅で降りました。

駅の近所で、新築の建物の工事の打ち合わせがあり、打ち合わせに顔を出し、帰りの電車の中での話し。

優先席ではないのですが、席に座っている人が信じられない行動に・・・。
電車の中で、豚キムチ丼を食べ始めました。

はぁ???????
常識は何処?おじさん、ここは電車の中ですよ!と言いたかったけど、食べてはいけないと決まっていない以上、注意は出来ない。
すると、このおじさん、ビールを飲み始めました。
おじさんの隣のシートは空いているのですが、そこに弁当を置いて、ビールをガブガブ・・・・。しかも、ゲップ付きなんです[どんっ(衝撃)]

しかも、しかも、その豚キムチ丼からこぼれて電車の床に落ちた御飯粒を、靴ですり潰して笑っていました。

たぶん、脳のネジが2~3個取れているのでしょうから、関わらない事にこしたことはないと思っていたのですが、本当にキレそうでした。
しかも、その豚キムチ丼が手に付いた時なんて、手をシートに擦り付けて、そのまま残りを食べていました。
キムチの汁をシートに擦り付けないでしょう、普通。

・・・

まぁ、その後、すぐに電車を降りたのですが、昨日は朝から常識の無い人に出くわしてしまいました。


大切な命なのですが・・・・ [怒り]

先日から、ハムスターの里親さんを募集していました。
ハムスターの里親さんの資質に最近疑問を感じています。

昨日は、朝からちびハムのケージを作りました。市販のものを買えば安くつくのですが、小さいものは可哀想だと・・・・思い、いつも作っています。
結局材料費だけで5,000円近くかかったのですが、それでも市販で売ってあるものの3倍近くの広さが準備できますから。
で、7匹中2匹だけが自分家で面倒を見て、残りの5匹は里親さん募集しました。
で、昨日はそのうちの1人のご家族と一緒にケージ作りでした。みんなで楽しく作りましたが、面倒を見る予定のお子さんも一生懸命手伝っていたので、昨日ちびハムも2匹お渡ししました。

マンションで飼えるのはハムスターくらいですから・・・ と。
「小さいけど、君と同じ命なんだからね(^^)」と言うと「ありがとう。」と満面の笑みで返事してくれました。
こんな方ばかりなら良いのですが・・・・

2人ほど、変な里親さんに出くわしてしまいました。

1人は、要求が多すぎるのです。
要求その1
育てる方法をメールにて教えて下さい。というメール。
里親さんになってくれるのであるなら・・・と飼育方法から、おすすめの餌、水、容器、ケージなどの話。
飼育始めてからの注意点などなど・・・・かなりの内容でメールしました。しかし、お礼のメールもなく・・・

要求その2
メールの返事は早く。 だって・・・・
モルモットのケージを買いました。それで良いでしょうか?というメール。
その後、「早急に返信下さい。」というメール
買いました!って、メールが来てるのに、それに対しての返信って、しようがないですよね。
「ハムスターが逃げ出さない程度の穴なら、問題ないと思います。」と返信すると、直ぐに「結局、TOKYU HANSで材料かって来まししたので、それでケージを作ります。お勧めの材料とかありますか。」とメールが来ました。
・・・何なの!? この人
ケージ買っていないんかい!? 嘘かい!? とは思ったけど、その時"この人に渡すのは怖いなぁ・・・・"と思ったのですよ。

要求その2
ハムスターは男の子がいい・・・・という内容のメールならまだ理解できます。
しかし、その人は「その子の正面の写真を2枚と側面の写真を2枚。それに全体の写真をお願いします。」と来ました。しかも、その後直ぐ「私とその子のフィーリングが一番大切なんです。」とメールが来ました。
・・・・・!? これはお見合いですか!?
ハムスターは音やフラッシュなどに敏感に反応します。しかもちびハムたちは、臆病なんで、それは無理だと説明しました。すると・・・連絡なし。

要求その3
近いうちに見ることは出来ますか!?
その人は渋谷に住んでいます。高級住宅街です。一人暮らしです・・・・・ と関係ない内容のメールが届きました。

で、結局、その後のメールは
「結局、ハムスターより、うさぎの方が可愛いので、ウサギにします。」というメールが最後でした。

[どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)]何なんだお前は!?とは思ったのですが、ただの暇つぶしだったのでしょうね。

で、もう一人は、「ハムスターがもらえるようになったら連絡下さい。楽しみにしてます。」といメールで終わっていたのですが、昨日アポイントを取ろうとしたら、「夫が別のペットを買ってきたので、不要になりました。」
というメール!!!
[どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)]どいつもこいつも馬鹿なんか!!!!!

と怒り心頭でしたよ。人の心を弄んだ上に、ハムスターの命を軽く見やがって!!
それくらいの事なら、最初からメールなんてしてくるな!!
とか、思ったけど、返信はしませんでした。もっとイライラしそうだったんで・・・・

と思った今朝でした(^^;) 




だから、誠意って何なんだ!? [怒り]

前回までの流れ
http://transit2012transit.blog.so-net.ne.jp/2012-07-12


午後7時半ごろ、仕事中に見覚えのない番号から携帯に着信が入りました。
「もしもし・・・・」と出ると、なんとあの空気の読めない代表者が電話をして来ました。
「昨日はすいませんでした。」という最初の一言に幻滅。

ってか、僕はAEONにもそのラーメン屋の店長さんにも「もうあの人とは話をしたくないから。」とお願いしました。
なのに、電話して来ました。
僕は、その空気の読めない代表に「あなたと話す事はありませんから。」と電話を切ろうとしたのですが、この人やっぱり空気が読めません。
「いや、私はあるんです。」と言い返してくる。
「あなたはどうか知らないけど、私はないんです。今後の対応は、AEONの方と店長にお願いしましたので・・・・。」と言うと、「それでは、私の気がおさまりませんので、挨拶に行きたいんです。」と言う。
「だから、結構です。これでも出来る限りの我慢はしているんです。会うと、どうなるか分からないですから。」と、決まり文句的な断りをしました。
すると、この人、もう口にするのも面倒ですが、空気が読ません。
「煮て食うなり、思い切り殴っても良いですから。」と言う。
「・・・・そんな事できるわけないでしょうが、真に受ける人も普通いないでしょ。さっきのは来て欲しくないから口から出た断りなんです。」
と言うのに、その事すら分かっていないご様子。
「それでも良いんで・・・・。」と言う始末。

・・・そこまで頭を下げたいのであれば、何故、その時に対応しなかったのか?と質問をすると、というか、この質問が大失敗でした。
この質問の後、またこの人はヒートアップして行きました。
「そもそも、バッグをクリーニング出すって事自体言っていませんし、ましてやバッグを買って返す自体有り得ない事です。」と言いました。
「誰も、こっちから買って返せとは一言も言ってないぞ。あなたがクリーニングでも納得がいかないなら・・・・と言ったんですよ。だから、それで納得いくかいかないかと聞かれた時点で、誠意も何もないのに納得いなかでしょ。」と言うと、この人「そんな事を許すと他の人にも同じ対処をしないといけなくなります。」と言う。
全くもって、理解していない人のようです。
クレームのケースは様々で、対処の方法も十人十色なはずなのに・・・ イライラします。
しかも、この人の次の一言が僕をまた爆発させました。
「この間は、私の方も売り言葉に買い言葉で、こちらもヒートアップしてしまいました。」

・・・
????
[どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)]
この言い方だと、僕が怒らせたから、相手も怒ったんだという言い方にしか聞こえない。
あんなに平常心を装って話していたのに!!!!

「もういい!そんなに来たいなら、今日のこの後9時に家に来い!」
と言って、電話を切りました。

しかし、考えてみるとあの人が来るのはやっぱり嫌だと思ったのと、あれほどAEONの店次長にもその店の店長にも、あの代表者とは関わりたくないと言ったのに、こんな事になってしまい、その苛立ちでその2人も呼び出しました。

午後9時ちょうどになり、チャイムの音がしました。
玄関を開けると、見知らぬ二人とあの人が立っていました。

「本日は、本当に申し訳ございませんでした・・・・・」から始まり、要は、原因を作った代表にも一言だけ謝罪が必要だろうと思いましたので、AEONの店次長の判断で連れてきたのだと言う。
あそこまで大手になると、これも致し方ないのだろうと思い、そこは納得しました。

その後、そのKYな代表は適当に謝って、マンションの階段を下りていきました。
AEONの店次長と店長を玄関に入れて、話をしました。
バッグの買い替えなんて有り得ないと言われた件、クリーニングに出すとも言っていないと言われた件、I-podが汚れてしまい、説明したのに、そんな事は全く聞いていないと断言されてしまった件・・・
昨日の対応から、先ほどの電話の対応まで。

で、結局、姪っ子はそんなケチのついたバッグはもう嫌だという意見を尊重し、I-pod以外は買い換えで示談しました。
AEON側も店長も何度も頭を下げていました。

僕的には、あの代表以外に何の問題もないと言ってはいたのです。
クリーニングでも良かったし、他のものも誠意さえ伝わってくれば、僕が買ってあげても良かったんです。
が、あの代表のあまりにも酷い対応に、誰かを間に挟まないと埒があかなくなると判断した僕の対応に、それが良かったのだと思います、と、AEONの店次長から言われました。

もうあの人に会う事のないだろうけど、あのラーメン屋さんにも行けなくなってしまいました。
ほとぼりが冷めた頃に行こうかとは思っていますが、難しいだろうなぁ・・・・・
かなり好きな味だったのですが(^^) トホホ・・・・ですよ。

あのラーメン屋さんの味は、本当に美味しいんです。他の店員さんは皆さん良い人ですし、こっちが口にしなくても"餃子を頼もうかなぁ・・・"とか思っていると、もし良ければ・・・・と言って、店員さんがメニューを伺いに来ます。
食べている中に目が会うと、笑顔で会釈してくれるんです。
最近は結構常連になって来ていたので、本当に残念です。
あの代表があの店に来ないのであれば、また行きたいのですがね・・・・
たぶん、店長がしっかりしているのでしょうね。
店長は何度かお店で見かけていますが、良い人でした。

誠意って何なんでしょうね・・・ 代表者って、会社の顔だと思うのですが、ここまで駄目な代表者なのに・・・・
”親はなくとも子は巣立つ”って、感じでしょうか・・・・




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。