So-net無料ブログ作成

日向観光 大御神社と妙国寺庭園 [旅行]

日向市 大御神社看板.jpg
大御神社:日向のお伊勢様と言われている神社。
日向市 大御神社 三門.jpg
日向市 大御神社 説明案内板.jpg
日向市 大御神社の石碑.jpg
日向市 大御神社 本殿2.jpg
日向市 大御神社 本殿.jpg
なかなか古い本殿でした。しかも日本最大のさざれ石があるそうです。
次が
日向市 妙国寺庭園 山門.jpg
国の名勝:妙国寺庭園
日向市 妙国寺庭園 中庭 築山.jpg
・・・
なんとも手入れのされていないお庭でした。これじゃぁ、お庭が可哀想ですね。正直ここまでがっかりなお庭は初見でしたね。



九州旅行 その4 九重夢大吊橋 [旅行]

翌日、朝一に向かったのは
大分 九重夢大吊橋前の案内板.jpg
九重町でした。
ここは親父のリクエストで、夢大吊橋を見たいのだとか。
大分 九重夢大吊橋 正面.jpg
これは日本一の高さを誇る歩道型の吊橋
大分 九重夢大吊橋 全体.jpg
大分 九重夢大吊橋 通路.jpg
大分 九重夢大吊橋 支柱.jpg
でかいし、高い橋でした。
景色も素晴らしく
大分 九重夢大吊橋から見た震動の滝.jpg
すぐそこに【日本の滝百選:震動の滝】と
大分 九重夢大吊橋下.jpg
【九酔渓】が見えました。
しかし、親父に依頼された写真はこれでした。
大分 九重夢大吊橋で親父が唯一依頼した写真 ユンボ.jpg
「あんな場所で操作するのは大変だぞ!」と言い、9時になり動き出すと「ほら、お母さんあれが動いてるんだよ」と興奮気味。
”橋で興奮しようよ・・・・”と思う息子の僕でした(^^;)
で、このまま宮崎に抜けて地元観光しました。



九州旅行 その3 阿蘇周辺 [旅行]

通潤橋から次に向かったのが

熊本 阿蘇カルデラ.jpg
大観峰。
阿蘇山を一望出来る場所で年間何百万人も行くそうです。
熊本 阿蘇カルデラのススキ2.jpg
熊本 阿蘇カルデラのススキ3.jpg
熊本 大観峰から見た外輪山.jpg
外輪山って凄いよ。感動!
熊本 阿蘇のあか牛と黒牛.jpg
阿蘇といえばやっぱりあか牛ですよ。
で、その阿蘇山は
熊本 阿蘇五岳.jpg
こんな感じに見えます。流石日本百名山です。

で、次に向かったのが
大分 九重連山.jpg
九重連山の見える丘でした。

宿泊先は
大分 久住高原コテージ夕 正面玄関.jpg
くじゅう高原コテージ。
料理も部屋も良かったですよ。
露天風呂も最高でしたが、一番感動したのは・・・・
大分 久住高原の夕陽.jpg
夕陽!
これがまさに絶景と言っても良い景色でした。

次回は大分の九重から進んでいきます。

九州旅行 その2 通潤橋 [旅行]

一日目、最初に向かった場所は
熊本 清和文楽物産館.jpg
熊本 清和文楽館.jpg

熊本県境を過ぎて最初の観光地、清和文楽館。それと物産館。
ここにも沢山のくまもんが出没してました。

で、今回の目的のひとつである場所に向かいました。
熊本 通潤橋 石碑.jpg
通潤橋:国の重要文化財で国の重要文化景観でもある観光地です。
熊本 通潤橋 説明碑.jpg
熊本 通潤橋 重文登録証明標識.jpg
熊本 通潤橋 概要掲示板.jpg
で、どんな橋かというと・・・
熊本 通潤橋2.jpg
石橋なのですが、通水している橋では日本一なのです。
熊本 通潤橋 放水用水回避水路.jpg
普段は橋の袂にある回避水路から水を川に逃がしているのですが、休日の正午から10分~15分だけ放水します。この放水が見たかったのです。
で、どんな放水かというと
熊本 通潤橋の放水.jpg
迫力ありました!
熊本 通潤橋橋の上.jpg
橋の上には手摺りなどはなく熊本 通潤橋の上から見た風景.jpg
川底を覗くと結構怖かったです。
で、その通潤橋に来た人たちの休憩施設として作られた
熊本 通潤橋から見た道の駅.jpg
道の駅:通潤橋でお昼を済ませて次の目的地に向かいました。


SURF&SNOW in Naeba Vo.34 チケットゲット。 [松任谷由実]

yuming_naeba34.top.jpg
2年ぶりの参加です。
座席は開演2週間前にわからないのでそれまで楽しみです。
そして来月はニューアルバム
e44f81d6721fe85481634531e5ec243f.jpg
【POP CLASSICO】の発売だし、再来月はその全国ツアーの参加。
また忙しい1年になりそうです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。