So-net無料ブログ作成

2012年 映画の総評 ベスト7位 [映画]

今年もいよいよこの時期になりました。
今年の1月から見た映画の中から、僕の独断と偏見でベスト7位とベスト7位を発表しちゃいます。

今年1年間で見た作品(映画館及びDVDでここ1年間に上映された作品、CSなどで初めて見た作品のみセレクト)は以下の101作品。去年が98作品だったんで、まぁ大台に乗れて良かったか思ってもいます。

-洋画-
マリー・アントワネットの首飾り
バイオハザードV ~リトリビューション
HELL
アニマル・キングダム
タイタンの逆襲
ダークナイト・ライジング
プロメテウス
アベンジャーズ
アメイジング・スパイダーマン
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
ロック・アウト
ハンガー・ゲーム
Black & White
スノー・ホワイト
パラノーマル・アクティビティ3
コンテイジョン
4デイズ
ドライブ
超能力者
第9団のワシ
メイン・イン・ブラック3
ヒューゴの不思議の発明
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ 
アタック・ザ・ブロック
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
ルート・アイリッシュ
バトルシップ
遊星からの物体Xファーストコンタクト
センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島
ジョン・カーター
人生はビギナーズ
アポロ18
トロール・ハンター
キャプテンアメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
50/50 フィフティ・フィフティ
マリリン 7日間の恋
戦火の馬
幸せへのキセキ
トワイライト・サーガ・ブレイキング・ドーン Part 1
おとなのけんか
ダーク・フェアリー
TIME
ミッション・インポッシブル・ゴースト・プロトコル
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
宇宙人ポール
ピラニア・リターンズ
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
タッカーとデイル 史上最悪ツイてないヤツら
ファミリー・ツリー
フライトナイト・恐怖の夜
リアル・スティール
第7鉱区
サンクタム
マネーボール
幸せの教室
グレイヴ・エンカウンターズ
ROBOT
ダーク・シャドウ
永遠の僕達
ザ・インサイデント
ホビット~思いがけない冒険~
レ・ミゼラブル
007/スカイフォール
アタック・ザ・ブロック
テンペスト
30デイズ・ナイト:ダーク・デイズ
ビーストリー

-邦画-
わが母の記
CUT
まだ、人間
セイジ ―陸の魚―
貞子3D
ロボジー
キツツキと雨
ワイルド7
一命
スマグラー おまえの未来を運べ
モテキ
星守る犬
探偵はBARにいる
軽蔑
僕達急行 A列車で行こう
カイジ2~人生奪回ゲーム
愛と誠
テルマエ・ロマエ
RAILWAIS~愛を伝えられない大人たちへ~
東京原発
ROOKIS~卒業~
へルタースケルター
るろうに剣心

-アニメ-
とある飛行士の追憶
鉄拳 ブラッド・ベンジェンス
おかみこどもの雨と雪
ながぐつをはいた猫
ももへの手紙
メルダとおそろしの森
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

では発表します。

今年の映画ベスト7位

【おとなのけんか】
これは面白かったです。
あるマンションの一室で話が展開し終わるという設定。脚本や俳優など、どれを取っても面白かったです。
特に【ジョディ・フォスター】と【ケイト・ウィンスレット】壊れっぷりは見ものです(^^)

同7位

【探偵はBARにいる】
大泉洋が面白い。いい味出してますね。
これは本当に傑作だと思います。映画館で見なかったのをちょいと後悔しました。

第6位

【ダークナイト・ライジング】
これは迷いました。ただ、今年は本当に超大作の中に傑作が多い年でしたので、ここでご勘弁して頂きたい。実際には、もっと上位でも良いくらいなのです。それくらい面白かったです。前作でも感じたのですが、何と言って良いのか分からない吐き気を及ぼす不思議な威圧感も存在していました。これも今年最高の映画のひとつですね。で、一箇所どうしても納得のいかないシーンがあったのですが、そこがキーにもなっているので、ランクを下げる形になったと思います。でも傑作には変わりない作品です。

第5位

【50/50 フィフティ・フィフティ】
アクションなんて微塵もない映画ですが、僕は感動しました。タイトル通り50/50の意味はしっかり伝わって来ました。ってか、この俳優さんが好きだから(^^)。去年もこの俳優が出た作品がベストに入っていましたが、今年も2作品がランクインしました。それくらい素晴らしい俳優になりつつありますね。

第4位

【ヘルプ~心がつなぐストーリー~】
映画館見なかったのを非常に後悔した作品でした。それくらい面白かった。口にはあまりしたくない内容ですが、勇気をもらえる作品に間違いはない。
そんな作品です。見たときから、この辺りに入るだろうなぁと思っていました。

同4位

【一命】
そして、もう1作品が、これ!命とは、武士とは、家族とは。そんな全てが詰まった作品でした。
説明は難しいですが、良かったです。この監督の大ヒット作【13人の刺客】にも似た心の昂ぶりを感じました。素晴らしい映画です。

第3位

【リアル・スティール】
これは、泣けますし、大いに感動します。
スピルバーグらしい作品です。感情を持っていないはずのロボットが感情を持っているように・・・そして・・・・。何なんでしょうね、この感動は。って作品でした。主人公の【ヒュー・ジャックマン】はレ・ミゼラブルでも好演していましたが、今年世界で最も輝いた映画俳優の一人でしょうね。

同3位

【戦火の馬】
今年の3位は、両方スピルバーグ作品になってしまいました。これは面白かったですよ。
こんな映画は見た事がなかった映画でした。流石、の一言です。ってか、馬がここまで演技出来るのか?と思いましたが、CGの世界では可能なのでしょうか・・・。これが生の演技だったら、アカデミー賞のアニマル部門は頂でしょう。

第2位

【007/スカイフォール】
最近、見たから記憶に新しい・・・・だから、第2位って感じで選んだのではなにので。007シリーズ歴代1位の興行収入を納め続けている作品ってだけの事はあります。何といってもこのジェームズ・ボンド演じる【ダニエル・クレイブ】がカッコ良過ぎます。最後の涙、熱い思いを感じました。Mとの関係も良かったです。


第1位

【ホビット~思いがけない冒険~】
見るまでの印象は「所詮、前哨戦」でしょう。って感じでした。まぁ外しても好きな映画だから・・・・と思って見ましたが、とんでもない。本当に面白い映画でした。これが映画です。
3部作の第1作品なのに、「まぁ、序章だからね。」と言わせるシーンが一箇所もなかったのが凄い。前回のシリーズ第1作品はその節が少々あったけど、今回はそれがない。残り2作品があるのも知っていながら、最後まで面白いのは素晴らしい映画の証だと思います。キャラクターも以前にも増して洗練されていました。
流石、【ピーター・ジャクソン監督】です。CGの使いこなし方が巧い監督です。
まぁ、原作の【指輪物語】自体が大好きな僕には、映像化出来てる時点で高評価に値します。1年後に上映される第2部も非常に楽しみです。絶対に映画館、それも3Dで見るべき作品です。

今年も沢山の映画を見ました。
感動したり、ハラハラドキドキの展開に鳥肌を立てて、手に汗握ったりと大忙しの1年でした。
来年も見たい映画が沢山あります。そんな映画をまた沢山ご紹介したいと思います。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。